カジノを投資として見られるのか

| No Comments | No TrackBacks
"カジノ法案についてはたびたび東京都などでも構想として取り沙汰されておりまして、そのたびに物議を醸しているものでもあります。特に日本では、「カジノ」という響きには極めて否定的で、かくいう私もカジノと聞けばすぐに「ギャンブル」という言葉が連想されます。 カジノ=ギャンブルという図式は、私の考えるに、多くの日本人が子供のころから刷り込まれてきたいわゆる「博打」であり、働いて稼いだお金こそ綺麗なお金で、博打やギャンブルで稼いだお金は汚い手段で調達したお金という固定観念があるように思われます。 同様に例えば「競馬」も一般にはギャンブル性が高く、毛嫌いされる傾向にあるものの一つでしょう。よく映画やテレビなどでも旦那が競馬やパチンコで生活費を使い込んでかえしきれない借金を抱えて一家離散するような悲劇的なストーリーが見られます。一般には、競馬やパチンコをプラスイメージで取り上げるものは、愛好者やその関係のコマーシャルくらいしかありません。 いわゆる先進国で「カジノ」を認可していないのは日本だけです。近代日本は長らく、博打=悪でありました。 しかし、金融ビッグバンはじめグローバル化の波で、投資や投機の考え方も日本人へ徐々に波及してきたように思います。 財政面での理由もあり今後ほぼ間違いなく、カジノ構想は実現し、従来の博打も日本人に許容されていくことになり、それにつれて、博打を投資の手段として考える人が益々増えていくことは間違いないでしょう。